作品番号:Y1407

金城次郎
壺屋焼徳利

共箱

サイズ:径7.9×高14.4㎝

最低入札価格:税込 40,000円

入札締切:2017年02月28日 15時00分

         

作品説明

徳利としても、また小さめの花生としてもお使いいただけます。
出身地 沖縄県
生年月日 1912年
没年月日 2004年
1912(大正元) 12月3日、沖縄県那覇市与技1313番地に生まれる 1919(大正8) 真和志尋常高等小学校入学 1924(大正13) 新垣栄徳の製陶所で陶器見習工として働く 1936(昭和11) 10月泊村屋比久カメと結婚 長男敏男生まれる 1937(昭和12) 長女須美子生まれる 1940(昭和15) 召集 熊本輜重隊藤崎部隊に配属 1943(昭和18) 次男敏昭生まれる 1945(昭和20) 防衛兵として召集 沖縄戦終結 1946(昭和21) 1月壺屋に仕事場をもち独立 1954(昭和29) 第6回沖縄美術展覧会(沖展)に工芸部門が新設され出品(以後連続出品)12月新垣栄三郎と第1回陶芸二人展を開催(1958年からは小橋川永昌が加わり三人展として発展) 1955(昭和30) 第29回国展に初入選(以後連続入選) 1956(昭和31) 第30回国展にて新人賞受賞 1957(昭和32) 第31回国展にて『呉須絵大壺』が国画会受賞 会友となる 1969(昭和44) 広島天満屋にて第1回個展開催日本民藝館展にて『三彩盒子』他が日本民藝館賞受賞 1971(昭和46) 第1回日本陶芸展に入選 1972(昭和47) 10月読谷村座喜味2677番地に移動し窯を開く 1973(昭和48) 国画会会員となる 1974(昭和49) 京都国立近代美術館主催『沖縄の工芸』展に出品 1978(昭和53) 1月長年指導を受けた人間国宝濱田庄司死去12月高血圧にて倒れる(4か月静養) 1981(昭和56) 勲六等瑞宝章受賞 1985(昭和60) 重要無形文化財技術保持者(人間国宝)に認定される昭和60年度沖縄県功労章受賞 1993(平成5) 勲四等瑞宝章受賞 2004(平成16) 12月24日死去 享年92歳

入札方法のご案内

1.入札について
・消費税込みの価格でご入力ください。
・最高の価格を入札されたお客様が落札となります。
・1作品に同額の最高価格がつけられた場合は、厳正な抽選により決定させていただきます。
2.開札について
・入札締切後、開札を行います。
・落札されたお客様のみ、ご登録されたメールアドレスに、後日、「落札通知メール」をお送りさせていただきます。
3.落札金額のお支払いと、作品のお渡しについて
「落札通知メール」に記載されたURLまたは、入札履歴画面より注文情報登録画面にアクセスいただき、お支払い方法および、作品のお渡し方法についてご指定ください。
作品や額縁の修復やお取り替えは出来ませんので、ご了承くださいませ。
・ご落札価格は特価となります。

詳しくはご利用ガイドをご覧ください。